抗ウイルス薬の鍵中間体であるビニルシクロプロパンアミノ酸の合成法に関する総説が発表されました

本総説では、C型肝炎ウイルス(HCV)NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤の重要なビルディングブロックである (1R,2S)-1-amino-2-vinylcyclopropane-1-carboxylic acid (vinyl-ACCA)の合成に関して、浜理独自のアミノ酸不斉合成技術を活用した効率的な合成法を中心に、これまでに報告されたvinyl-ACCAおよび関連化合物のすべての合成方法が網羅され、それぞれの特徴が要約されています。
 
発表内容のアブストラクトはこちら:Eur. J. Org. Chem. 2016, on-line
 
Hamari News Release 20160411
 
今回の総説に紹介されている、浜理独自のアミノ酸不斉合成法に関する研究成果の詳細は以下の論文をご参照ください
 

  1. 1. A. Kawashima, S. Shu, R. Takeda, A. Kawamura, T. Sato, H. Moriwaki, J. Wang, K. Izawa, J. L. Aceña, V. A. Soloshonok, and H. Liu. Amino Acids, 2016, 48, 973–986.
  2.  

  3. 2. A. Kawashima, C. Xie, H. Mei, R. Takeda, A. Kawamura, T. Sato, H. Moriwaki, K. Izawa, J. Han, J. L. Aceña, and V. A. Soloshonok. RSC Adv. 2015, 5, 1051–1058.
  4.  

  5. 3. R. Takeda, A. Kawamura, A. Kawashima, T. Sato, H. Moriwaki, K. Izawa, K. Akaji, S. Wang, H. Liu, J. L. Aceña, and V. A. Soloshonok. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 12214–12217.
  6.