特集「α-リポ酸の動向を探る」 高品質製品開発 独自の精製・結晶化技術駆使

20050330

2005年3月30日掲載「健康食品新聞」

 

浜理薬品工業(大阪市中央区、06・3270・1921)は独自の精製および結晶化技術を駆使したリポ酸を新しく開発、このほど新規参入を果たした。

同社はかねてから高品質をめざし品質改良を積み重ねてきており、 独自製法の製造技術が整ったことから、 この時期の上市に踏み切った。発売当初の4月は、すでに予約を受けているユーザーへの供給が中心となるが、既存設備において年間15~20トン程度の生産が可能なことから、随時、新規ユーザーへの販売を進めていく考えだ。

 

同社が取扱う製品は、独自の製法(特許出願中済)を確立し自社工場にて製造されたもので、残留溶媒や不純物等を極限まで低減し、菌試験に合格したもののみ提供するのが特徴。シクロヘキサンなどすべての残留媒体が検出限界以下(1ppm以下)、液クロを用いた分析方法では重合物が不検出、トルエン法でも0.1%以下の結果が出ており、業界自主規格を大幅にクリア。また同社製品は製品の結晶が細かいため、ユーザーからの評価は高く、ソフトカプセルへの利用が期待される。