2014年度 関西経営品質賞「優秀賞」を受賞しました

news30_01

関西経営品質賞とは
  “良い経営”を通じて
  関西から世界に誇る企業・組織を輩出する

by 関西経営品質協議会

 

当社は、2014年度関西経営品質賞「優秀賞」を受賞しましたので、お知らせいたします。

関西経営品質賞とは、関西のあらゆる組織が顧客本位に基づいた自己革新を果していく動機づけとなるよう、イノベーションに継続的に取り組み、優れた業績をあげている組織を表彰し、関西全域に経営品質向上プログラムの視点に立った経営革新を推進するというものです。

(関西経営品質協議会/関西生産性本部)

 

当社は、経営革新を推進する企業を目指し、2011年6月に経営品質向上活動をキックオフし、2012年度関西経営品質賞「奨励賞」を受賞しました。さらに改善改革を進め、この度、上位賞であります「優秀賞」を受賞し、「継続的な経営品質向上の取組みにより成果が出始めている」企業・組織という評価をいただきました。

なお、当社が評価いただきました特色・受賞理由は次のとおりです。
詳細は関西経営品質協議会サイトをご覧ください。

 

関西経営品質賞とは :http://www.kpcnet.or.jp/kqc/award/awa_01.html
受賞企業 :http://www.kpcnet.or.jp/kqc/award/awa_03.html
当社受賞理由 :http://www.kpcnet.or.jp/kqc/award/awa_03_2014_hamari.html

 
 
 

○特色

  • 創薬から商業生産まで、顧客要望に細かく対応できる生産体制
  • 将来を見据えた多くのプロジェクト活動を展開
  • CI活動をベースにした組織改革

○強み

【顧客の要望に細かく対応できる生産体制の確保】

創薬から商業生産まで5段階の過程に対応するとともに、製造設備・分析機器を多数保有しており、すべてを自前でできる生産体制を有している。また、GMPへの取組みをベースに不具合の未然予防への仕組みづくりを図りながらも、少量多品種の対応など柔軟でかつ安定した生産の維持に努めている。これらハード面に加え、顧客の要望、特に「納期」に関しては、多少無理な注文にも積極的に対応しようとする姿勢が社員の中に根付いており、営業・研究開発・生産が組織を超えて当たり前に協働する活動が展開されている。これらは、製品上の差別化が難しい業界において、既存顧客を多く有している強みをベースとした取り組みとして優位性を持つ。

 

【将来を見据えた組織横断型の取組み】

顧客の要望に応えられる既存設備を背景に、将来を見据え、多くのプロジェクトやビジネスパートナーとの協働、先行投資が展開されている。その中でも、当社の得意な原薬技術を発展させた新分野への取組みは、業界の拡大が期待できる分野であるとともに、自社のこれまでの強みを生かしたものであり、計画的に展開されている。

 

【CIをベースにした組織改革の推進と計画的な人材育成】

2009年から着手したCI活動は、当社の持つ家族的雰囲気を残しながらも、経営幹部による理念・ビジョン・方針の定期的な発信や「TARGET100」事務局を中心にしたチャレンジする仕組みづくり、「浜理薬品フィロソフィ」を活用した社員とのインタラクティブな取組みを通じ、これまで培ってきた提案制度とあいまった成果を生み出しつつある。また、リーダーシップ育成や階層別教育など自律型社員の育成にむけた取組みを計画的に展開しており、事業間・社員間の組織を超えた協働体制のベースにもつながっている。

 

以上