News 新着情報詳細

2022.06.23

【機器紹介】Vol.2 石臼式摩砕機(スーパーマスコロイダー)

食品部の阿部です。

今回は石臼式摩砕機 スーパーマスコロイダーの紹介をします。(増幸産業株式会社 MKZB15-40J型)
エキスの製造では、原料をマスコロイダーで摩砕してから搾汁工程や抽出工程に移行する製法が多く使われます。

マスコロイダーは、上下2枚の砥石によって構成され、砥石間の間隅を自由に調整できる石臼形式の超微粒摩砕機です。マスコロイダーの投入口(ホッパー)に投入された原料は、高速回転する下部の砥石による衝撃と遠心力により上下2枚の砥石の隙間に送り込まれ、強力な圧縮、摩砕などの力を受け次第に微粒化され排出口より排出されます。                      増幸産業様 HP)

半解凍した原料を摩砕することが多く、低温で摩砕することで菌の増殖を防ぎ品質を低下させることなく次工程へと原料を送ることができます。

また、摩砕の度合いは、搾汁率、抽出率または味に影響します。上下砥石の間隔は調整することができ、お客様のご希望に合わせて摩砕度合いの調整が可能です。

回転数は最大3,000rpmまでが可能で、1時間で1,000kg程度の果実を摩砕できます。当社実績では、野菜、果実、乾燥キノコなどの摩砕を行っています。

まずはお気軽にご相談ください。
(浜理薬品工業 HPへジャンプします)