News 新着情報詳細

2022.09.07

【機器紹介】Vol.3 横型遠心分離機(デカンター)

食品部の阿部です。

今回は横型遠心分離機 デカンターの紹介をします。(GEAジャパン株式会社 CA-220型)
デカンターはVol.2で紹介しましたマスコロイダーで原料を摩砕したあとに、固体と液体に分離するための機械です。

主に種子や果皮などの粒子が大きいものを取り除く際にデカンターを使用しています。

また、弊社には縦型の自動排出型遠心分離機(クラリファイヤー)もありますので、細かい粒子のものを取り除き

さらに清澄度を上げることもできます。なお、当機は分離作業終了後に小さい部品はもちろんですが、大きいの部品

も取り外して洗浄しているので、機械は常にきれいな状態で保管、使用することができます。

 

       デカンターの構造についてですが、円筒部と円錐部からなる回転胴とその中

       に組み込まれたスクリューが差速をもって回転し、遠心力を発生させ遠心分離

       を行います。

       回転体中央部の給液口から供給された処理液のうち、比重の大きい固形分は

       遠心力(重力の2,000~5,000倍程度)により外側の回転胴内壁に分離・沈降。

       これにより液体が清澄されます。回転胴内壁に沈降した固形分はスクリュー

       により分離ゾーンである円筒部から脱液ゾーンの円錐部を経て機外に排出さ

       れます。また、清澄液は円錐部とは反対側に流れ、機外へ吐出されます。                              

                                            GEAジャパンHP)

 

 

 

これはデカンターから排出された果物の搾汁粕の写真で、少し水気を帯びた搾汁粕がでてきます。搾汁粕は原料に対

して2、3割程度排出され、従来までは廃棄していたこの搾汁粕から、エキスが抽出できないかの検討もしています。

搾汁粕をアップサイクルし商品化することで廃棄物量を減らし、環境に優しいモノづくりを目指しております。

 

廃棄物の有効利用例① りんごシロップ

廃棄物の有効利用例② ハマリメロンsui