技術紹介

浜理薬品工業は、1948年 浜理化学研究所として誕生し、純度の高い人工甘味料「サッカリン」の製造・販売から始まりました。その後、中小企業では開発が難しいといわれる中、塩酸ジルチアゼムの製法開発や、新薬ポラプレジンクの創薬など、独自技術を磨いてきました。
また、独自の不斉反応触媒や、非天然型アミノ酸製造法の開発などの基礎研究も積極的に行ってきました。多くのお客様や特徴ある化合物との出会いを通じて、60を超える原薬・医薬中間体の製造実績・生産規模での反応を経験してきました。
現在、“非天然型アミノ酸合成”、“ペプチド合成”、“不斉合成”、“フロー合成”を中核技術として研究開発、製造を行っております。私たちはこれからも技術・品質を磨き、医薬品に関わる企業として、よりよい社会の実現に貢献します。

 

HAMARIの中核技術
非天然型アミノ酸 テーラーメイドアミノ酸(非天然型アミノ酸)合成
ペプチド合成液相及び固相法によるペプチド合成
不斉合成HAMOC® ~不斉水素化反応触媒~
フロー合成(連続生産)
工業化を指向したフロー合成研究

 

米沢浜理薬品工業、チトセ浜理薬品は、2021年7月16日に浜理PFST株式会社に吸収合併されました。

お問い合わせはこちら
 

その他の反応実績
還元反応ヒドリド還元, 水素添加反応 など
酸化反応Swern酸化, 過酸, CAN酸化 など
アルキル化, アリール化根岸カップリング, 溝呂木-ヘック反応 など
その他ハロゲン化, 低温反応